2006年04月21日

母はどうよ?

あまりにひどい点をとってくるので、
5年生の個人懇談で先生に相談しました。
「漢字ドリルの宿題をやっているようなのですが
それでぜんぜんできないというのは、
能力的に努力しても無理なのでしょうか?」
親としては、子どもに才能があると思いたい。
そして才能を伸ばすためなら
できうる限りのことをしてあげたいと思います。
でも能力を過剰に信じて
子どもに負担をかけたくない、とも思うのです。
何しろかわいい我が子ですから、期待もするし、
現状も知っているし、客観的に判断できにくい面があります。
どうする?母?
posted by pontaro at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5年生までのぽんすけ

これまでのんびりと自由に育って来たぽんすけ。
ゲームとマンガ好きの母の影響で、
制限されることなくインドア派をばく進してきました。

家での勉強は宿題のみ。
しかしこれさえやって行かないことがあるというふまじめぶり。
乳児のころに始めた「●じろう」を特にやめなかったので、
ずるずると小学生になっても「●レンジ」が来るので、
とりあえず通信教育も続いています。
でも読み物を読むだけ。
まあそれだけでもいいかなと大目に見ていました。
大人の本まで何でも読んでしまうので
国語力も身に付き、漢字はよほどできるであろうと思っていたのです。
ところが漢字がさっぱり書けないことが判明。
どうする?ぽんすけ?
posted by pontaro at 18:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぽんすけが中学受験を決めたワケ

田舎に暮らすぽんすけ一家は、特に教育熱心というわけではありません。
子どもは個性を大切に、のんびり健康に育てばいいねという感じで
過ごしてきました。
学校の勉強以外は強制したこともなく、
おけいこごともしたいならばやってみて、
やめたければそれも良し。
意識の高いご家庭からは少々まゆをひそめられることもありそう・・
かな?

そんな家の割と近所、バス1本でドアtoドアの所に
中高一貫校ができることになりました。
しかもぽんすけが一期生の年代です。
公立中学は家から5キロも離れた場所にあり、
交通手段は徒歩か自転車のみ。
自転車がうまく乗れないぽんすけは、
田んぼに落ちるのではという恐怖で、
バスで行ける中学を目指す決意をしたのでした。
posted by pontaro at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。