2006年05月30日

落ち着きはいつまで持つか

5月も終わりになって、
家族を巻き込んでの塾通いに
親子共々やっとなんとか慣れてきた感じに。
ぽんすけも塾の雰囲気に慣れてきて
同じ年齢の子どもたちが頑張っている姿を見て
やる気が出てきているみたい。
家にいるだけではこうはいかないので
やはり外に出すということは良かったなと思います。

とはいえ、5月初旬は
修学旅行で勉強どころではなくて
鞄や洋服などのお買い物ざんまい。
さらにほしいゲームソフトが次々に発売になり
買う、買わない、
勉強する、しない
毎日の生活態度がなってなーいと
ぽんすけ、ぽんたろうで毎日けんか状態でした。

先週あたりからやっと落ち着いた感じですが、
塾で習熟度テストというものがありまして、
その結果を元に個人面談があるそう。
母の落ち着きはいつまで持つか、心配。

posted by pontaro at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

学校説明会

県の教育委員会による学校説明会がありました。
塾から言われ、めんどくさい気持ちを抑えつつ
参加申し込みをしました。
ぽんたろうは朝に弱いので夫にまかせました。
夫はぽんすけの父ですから、
やはり「ぽんいちろう」なので心配でしたが、
受験についていろいろ実感してもらわなくてはならないので
行かせてみたのです。

ちなみに家族内でのぽんすけ具合は
ぽんいち>ぽんすけ>ぽんたろう
の順です。

ぽんいちは「すごかったよ」と帰ってきました。
「何が?」と私。
「親子で来ていた人たちがけっこういたんだけど、
みんなおしゃべりしてないんだよ」
「・・・・・」

みんな本気モードなのだということを
言いたかったのでしょうね。

家でののんびりムードしか知らないぽんすけ一家ですが、
説明会の日はぽんいちがひとりハイテンションに。
この日まで「ナーンにも考えてなかったな」と
思わせる発言が相次ぎ、
ぽんすけ、ぽんたろうともなにか力がガクッと抜けたのでした。
posted by pontaro at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

周辺のうわさ

ぽんすけの同級生のお母さんいわく
「来年の●●校受験の倍率30倍くらいになるみたい」
「だってうちのクラスでも半分くらいの子が受けるってよ」
何も知らないぽんたろう、あぜん・・
「そうなんだ。まあ落ちてもともとって感じだからね」
でも受けるからには受かりたいのが人情。
県で初めての公立校中高一貫校だから、
どんな情報も多い方がいいのかなと思う。
その人が言うには、
受験校の周辺の小学校では、ほとんどの子どもが受けるそう。
でもその中で塾に行くなどちゃんと対策してる子は
1割程度なのだという。
おいおい、どこからそんな具体的な数字が出てくるんだい・・
と不審に思いながらも
「え〜っそうなの?」などと驚いてみせる
ぽんたろうでした。
家でぽんすけにそう話すと、
「じゃあ、あたし受かるじゃん!やった!」
ですと。
そのお気楽さはどこから来るのか・・
posted by pontaro at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

早くもずる休み?

ぽんすけは授業参観後の
ゴールデンウィークの前々日から
体調不良を訴えていました。
どうせいつもの怠け病だろうと思っていたら、
微熱と下痢が発症し、どうやら胃腸炎になってしまったよう。
しかたなく学校を二日も休み、
すでに塾も休みました。

家での様子は朝も早く目覚め、ゲームがしたくてうずうず。
ゲームはだめといってあるので、
手当たり次第本を読みまくる。
「どこが病人じゃい」っとぽんたろうは激怒。
すると「胃が痛い」とか言って布団に一時非難する。
休みの間これの繰り返しです。

スタートしたばかりでこの調子では
本当に先が思いやられます。
イライラする中で、ふと
もしかして精神的なものなのではと思い返し、
「塾が嫌ならやめたっていいんだよ」と話しました。
「え、やめないよ」
あまりにあっけらかんとした答え。
やっぱ本当に風邪か。

翌日、塾から請求書が届きました。
そこには入学金を含め4月分として「8万円」の文字がexclamation×2
覚悟していたとはいえ、これはイタい。
たらーっ(汗)
posted by pontaro at 09:03| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

家庭訪問で知る学校生活

6年初の授業参観がありました。
一番前の席で固まっているぽんすけ。
いつも通り、先生がどんなに呼びかけても
答えに自信があっても絶対手は挙げません。
「だあって、はずかしいんだもん」というわけです。
ぽんたろうとしては、その気持ちはよくわかるので、
手を挙げなくてもまじめに授業を受けていればいいよと
言っています。

そんなぽんすけですが、
ある時間にたったひとり手を挙げたことがあるのだと、
家庭訪問で先生が教えてくれました。

クラスの暴れん坊A君が何かしでかし、
クラス全員にブーイングを受けたのだそうです。
「ごめんなさい」とA君はあやまったものの
日頃迷惑をかけられているクラスメイトたちは
ここぞとばかり結束し
「そんな言い方じゃだめ」と大非難。
その時、なんとぽんすけがすっと手を挙げ、
「A君は十分反省しているのだから、
みんな責めるのはもうやめよう」
とクラス全員をなだめ、静かにさせたのだそうです。
「ぽんすけさん、すごい勇気でしたよ」と先生。

でかした!
勉強ができるできないより、母はうれしい!
客観的に物事を判断できるぽんすけの性格が
みんなに認めてもらえたかな・・
私の育て方が良かったのね・・と
母ぽんたろうは勝手に舞い上がりました。

続いて先生は
「学校では読書を奨めていますが、
ぽんすけさんは本は大好きですから
特に言うまでもありません」と。
ほほほ「小さい頃から読み聞かせをしていましたから・・」
と珍しく自慢げなぽんたろうです。

すると先生、
「今日も社会の時間に違う本を読んでいました」
と・・・・・・

やっぱ、ぽんすけはぽんすけか・・。
というわけで、担任の先生に
受験する意向を話せないまま
家庭訪問は終わったのでした。
posted by pontaro at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。