2006年04月23日

担任の評価にびっくり

「頑張ればできる」のか
「頑張ってもできない」のか。
担任の先生は母の問いに
「宿題はやってこないんです」
と能力の問題以前のサイテーな性格を教えてくれたのです。
そして
「真剣に取り組んだ時は、たった5分学習しただけで次のテストで満点をとっています。
頑張ってもできないなんてとんでもない、どちらかというと天才的なひらめきがあって
授業中など私も驚かされることが多いんですよ」。
母の頭には
「天才」という言葉が刷り込まれ、舞い上がってしまいそうに。
でも、待てよ、
結局、普段の学校の勉強はやる気がまったくないということではーと思い当たる。
posted by pontaro at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。