2006年05月02日

家庭訪問で知る学校生活

6年初の授業参観がありました。
一番前の席で固まっているぽんすけ。
いつも通り、先生がどんなに呼びかけても
答えに自信があっても絶対手は挙げません。
「だあって、はずかしいんだもん」というわけです。
ぽんたろうとしては、その気持ちはよくわかるので、
手を挙げなくてもまじめに授業を受けていればいいよと
言っています。

そんなぽんすけですが、
ある時間にたったひとり手を挙げたことがあるのだと、
家庭訪問で先生が教えてくれました。

クラスの暴れん坊A君が何かしでかし、
クラス全員にブーイングを受けたのだそうです。
「ごめんなさい」とA君はあやまったものの
日頃迷惑をかけられているクラスメイトたちは
ここぞとばかり結束し
「そんな言い方じゃだめ」と大非難。
その時、なんとぽんすけがすっと手を挙げ、
「A君は十分反省しているのだから、
みんな責めるのはもうやめよう」
とクラス全員をなだめ、静かにさせたのだそうです。
「ぽんすけさん、すごい勇気でしたよ」と先生。

でかした!
勉強ができるできないより、母はうれしい!
客観的に物事を判断できるぽんすけの性格が
みんなに認めてもらえたかな・・
私の育て方が良かったのね・・と
母ぽんたろうは勝手に舞い上がりました。

続いて先生は
「学校では読書を奨めていますが、
ぽんすけさんは本は大好きですから
特に言うまでもありません」と。
ほほほ「小さい頃から読み聞かせをしていましたから・・」
と珍しく自慢げなぽんたろうです。

すると先生、
「今日も社会の時間に違う本を読んでいました」
と・・・・・・

やっぱ、ぽんすけはぽんすけか・・。
というわけで、担任の先生に
受験する意向を話せないまま
家庭訪問は終わったのでした。
posted by pontaro at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17296240

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。