2007年01月31日

おもしろニュース



Excite世界びっくりニュース



エキサイト オリジナル配信のニュース.


Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.



【注目】花嫁・ゲストの生の声で式場厳選!ウエディングパーク



【注目】花嫁・ゲストの生の声で式場厳選!ウエディングパーク





ドイツの町で現金ばらまきイベントが開催される



[カイゼルスラウテルン 26日 ロイター] ドイツでは金曜日、空からお金が降ってきたそうです……。 ...





警察官が少女に「トップレス運動」強要、市がお金で解決



[マイアミ 26日 ロイター] 警察官一名が10代の少女に対し、「トップレスになってその場でジャンプ運動」することを強要して問題となっていたが、この警察官を公然わいせつ容疑で逮捕することを避けるため、市が少女に3万5000ドル(約425万円)を支払って和解したことを明らかにした。 ...





サッカークラブ「プリマス・アーガイル」、サポーター向けの新たな葬式企画を発表



[ロンドン 26日 ロイター]  イングランドのサッカークラブ「プリマス・アーガイル」の熱狂的なサポーターたちに朗報だ。間もなく、同クラブがオリジナルの葬式を演出してくれる企画が登場するからだ。 ...





中国警察、“ゴースト・ブライド”を販売したグループを逮捕



[北京 26日 ロイター]  2名の若い女性を殺害し、その遺体を「死亡した男性の花嫁」として販売していた3人の男を逮捕した、と中国警察が発表した。 ...





家庭用電源で充電可能な電気自動車「ジラソーレ」



[東京 26日 ロイター] 車はもはや家電製品の一つとなるのか!? 日本の自動車開発業者が家庭用電源から充電可能な電気自動車を発表した。 ...





男児の泣き叫ぶ声でニワトリ数百羽が死亡!?



[北京 25日 ロイター] 中国東部で数百羽のニワトリが死んでいるのが発見された事件で、その死因は4歳の男児が犬に吠えられ、驚いて“泣き叫んだ声”であると裁判所が判断した。 ...





バットマンの宿敵・ジョーカーはオランダ人だったのか!?



[アムステルダム 25日 ロイター] オランダのANP通信によると、オランダ西部のヘレフートスライス在住の35歳男性が、地方自治体から自分がジョーカーであることを証明する写真入りIDカードの入手に成功したという。 ...





電車がストップ、乗務員が乗客を残してタクシーで“とんずら”



[ロンドン 26日 ロイター] 緊急の工事で電車がストップ、乗り換えバスが故障。しかしこの電車に乗っていた乗客6名にトドメの一撃となったのは、乗務員らが真っ先にタクシーに乗り込み、雪降るロンドン郊外に彼らを置き去りにしていったことだった。 ...





番犬を少なくとも11匹飲み込んだ大蛇 マレーシア



[クアラルンプール 26日 ロイター] マレーシアの果樹園を守る番犬たちの強敵が捕獲された。村人たちが体長約7.1メートルのニシキヘビを発見、これまでに少なくとも11匹の番犬を飲み込んでいたという。 ...





勃起し続けるイグアナ、ペニスを切断されることに



[アントワープ(ベルギー) 25日 ロイター] 一週間以上勃起し続けているイグアナ「モーツァルト」のペニスが、今後数日間のうちに切断されることになった。 ...





ミルクのボトルに顔写真、恋人募集中の酪農家たち



[ロンドン 25日 ロイター] ミルクのボトルを買ってみてください、ウェールズに住む酪農家の夢を見ることができますよ。 ...





刑務所に戻るために車を盗んだ受刑者



[ダブリン 25日 ロイター] 週末だけの一時釈放で出所していた受刑者が、車を盗んで刑務所に戻ってきたため6カ月の刑期延長となった。 ...





今年のオペラ舞踏会、会場を飾るのは蝶や馬!?



[ウィーン 25日 ロイター] 今年の「ウィーン・オペラ舞踏会」は2月15日に予定されているが、会場を飾るのはこれまでのように花ではなく、蝶の模造品や馬になるそうだ。 ...





LEDつきブラで谷間に光を!



[シンガポール 25日 ロイター] 電飾のついたランジェリーで夜を明るくしよう。 ...





記録的な暖冬で動物園では早くも交尾の季節



[モスクワ 24日 ロイター] ロシアの冬はここ30年で最も暖かいが、動物園では動物たちが早くも交尾を始めたそうだ。動物園関係者が24日、明らかにした。 ...





ロシアの原潜乗組員、兵舎でマリファナ栽培



[モスクワ 24日 ロイター] ロシア海軍の原子力潜水艦の旗艦「ドミトリー・ドンスコイ」に乗り組んでいる水兵が、兵舎でマリファナを栽培し、仲間の兵士に分けていたことがわかった。 ...





サメの子どもを密輸した牧師に懲役1年+1日



[サンフランシスコ 24日 ロイター] 米サンフランシスコ地区の牧師が、レオパードシャークというサメの子どもを欧州に密輸出することを幇助したことを認め、懲役1年と1日の実刑判決を受けた。司法省が23日、明らかにした。 ...





小人像の破壊者に懸賞金



[シドニー 25日 ロイター] その事件は「ノームズビルの大虐殺」と呼ばれている。オーストラリア西部のノームズビル当局は、観光の目玉である小人(ノーム)の像を破壊している犯人に懸賞金をかけた。 ...





ヘビマッサージはいかが?



[タルマイ・エルアザール 25日 ロイター] 死海の塩やティーツリーオイルのことは忘れて……。イスラエルの美容健康スパが新しいサービスを始めた。ヘビマッサージだ。 ...





オランダで外見にハンディキャップを持つ人のデート番組



[アムステルダム 24日 ロイター] オランダは「ビッグ・ブラザー」などのリアリティー番組を生み出した国だが、テレビ史上初となる、外見に大きなハンディキャップを持つ人のデート番組をつくる予定だ。 ...








posted by pontaro at 11:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

夏休み。

長雨が続いたせいか、
あまり夏休みという感じがしなかったけど
8月を目前にやっと実感してきました。
我ながらおそっ!

家の目の前の公園で行われるラジオ体操にも
音楽がなってから起きだすぽんすけ。
最上級生という意識もまったくない人に
受験だなどという意識付けはやっぱり
無理というものかも・・

ぽんすけたちは昨年度から2学期制なので
夏休みになっても通知表はなし。
でも、夏休みに入ってから
担任と個人懇談がありました。
忘れていた訳ではないのですが、
あまりのことに茫然自失のぽんたろうでありました。
あ〜あ

posted by pontaro at 21:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

何事もモチベーションなんだけど・・

個人懇談の後、模擬テストがありました。
毎月通算24時間の塾通いのうち、
ほぼ毎月2回の割合でテストがあり、
順位や偏差値が出ます。
ぽんすけは、最初は緊張したみたいですが、
2、3回繰り返したら、緊張感がすっかり失われ、
なんというかもう惰性、
つまりどうでもいい感じ、です。

模擬試験は中高一貫校の受験スタイルで、
会場も他校で行われたので、
ぽんすけは初めて一人で行動し受験したのです。
ぽんすけは何か余裕でした。
我が子の成長を少しはかみしめたぽんたろうですが、
すぐに現実は把握できました。

ぽんすけの余裕は実力に裏付けられたものではなく、
要するにどうでもいい感じ、
モチベーションがまったくない状態だったのです。

コツコツ頑張る意味で始めたブログも
早くも6月から書き込んでいないぽんたろう・・・
ぽんすけだけを責められないとは思いつつも・・
今日も雷を落としてしまった
ああ
モチベーションを持続させるにはどうしたらいいんでしょう?


posted by pontaro at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

塾の先生

個人懇談でいろいろと考えさせられたぽんたろうです。
担当の先生は、とても柔和でした。
驚いたのは、
まだほんの2か月、8回しか通っていないというのに
マイペースで夢見がちな女子・ぽんすけの
特徴を見事に見抜いていたことでした。
多分親のタイプも見抜いているんでしょう
とほほの上に短気な私に
「できるだけほめながら見てあげましょうよ」と。
その上で、
三者一体となってがんばりましょうという姿勢です。

公立小中校の問題点もお聞きしました。
やはり昔に比べて絶対的に授業内容が足りないという訳です。
しかもできない子に合わせた授業なので
より高度な内容は自分でやるしかないといいます。
足りない部分はやはりお金を出して時間をかけて
塾などで勉強させるしかないというわけです。

うーん現代の教育問題は薄々は聞きかじっていましたが
現場から見るとかなり恐ろしいものがあるんですね。
できる子はどんなことしてもできると思うけど、
やはり中途半端な子は多少はなんとかしてあげないと
と思った次第であります。
posted by pontaro at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

行ってきました、個人懇談

初テストを元に個人懇談が行われたので
おそるおそる行って参りました。
現状の把握と今後の指導方針を話し合うというか、
先生の考えを承認するというものでした。

ぽんすけの場合は
国語能力はまあまあ認められましたが、
算数がめっきりできないので
夏休み中は通常の塾分と夏期講習を合わせて
20講義全部算数にするということでした。
その他受験対策の授業が1日3時間、全15日あるので
ぽんすけの夏休みはほぼ毎日塾通いということに・・

本人はもちろん
親だって送り迎えがあるので
今から憂うつな気持ちです。
あ〜あ受験って大変なのね
って今更ながらに思うこのごろです。
posted by pontaro at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

塾での初テスト

ぽんすけの行っている塾では
学習の習熟度をはかるために毎月塾全体でテストします。
そしてその結果を元に懇談会があるのです。
懇談会はまだですが、
テスト結果は返してもらいました。

何ぶん何も考えたことのない親なものですから
そのデータの細かさにびっくり。
総合評価はもちろんですが
テスト問題の学習領域に分けた得点、評価、定着度、平均定着度
がこと細かく出ているのです。
そういえば大学受験の模試なんかではこんなものだったかしら・・
と古い記憶を引きずり出しても
ぽんたろうは小学生時代にはこんな経験していません。

結果ですが、
ぽんすけは算数はまったくできていませんでした。
平均が75%のところなんと50%で順位にものぼらず。
ところが国語は平均60%のところ80%で400人中20位。
しかも内容を見ると
表現と記述はこの領域の平均が40%なのにもかかわらず、
ぽんすけはパーフェクト。

すごい偏りはわかっていたけど
こうも数字ではっきり出されちゃうと
どうしたものか悩みます。
持っている能力をもっと大事に育てるべきか
足りない部分を補うか。
両方できれば一番いいのはわかっていますが・・
なにしろぽんすけなので・・ああ
posted by pontaro at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

落ち着きはいつまで持つか

5月も終わりになって、
家族を巻き込んでの塾通いに
親子共々やっとなんとか慣れてきた感じに。
ぽんすけも塾の雰囲気に慣れてきて
同じ年齢の子どもたちが頑張っている姿を見て
やる気が出てきているみたい。
家にいるだけではこうはいかないので
やはり外に出すということは良かったなと思います。

とはいえ、5月初旬は
修学旅行で勉強どころではなくて
鞄や洋服などのお買い物ざんまい。
さらにほしいゲームソフトが次々に発売になり
買う、買わない、
勉強する、しない
毎日の生活態度がなってなーいと
ぽんすけ、ぽんたろうで毎日けんか状態でした。

先週あたりからやっと落ち着いた感じですが、
塾で習熟度テストというものがありまして、
その結果を元に個人面談があるそう。
母の落ち着きはいつまで持つか、心配。

posted by pontaro at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

学校説明会

県の教育委員会による学校説明会がありました。
塾から言われ、めんどくさい気持ちを抑えつつ
参加申し込みをしました。
ぽんたろうは朝に弱いので夫にまかせました。
夫はぽんすけの父ですから、
やはり「ぽんいちろう」なので心配でしたが、
受験についていろいろ実感してもらわなくてはならないので
行かせてみたのです。

ちなみに家族内でのぽんすけ具合は
ぽんいち>ぽんすけ>ぽんたろう
の順です。

ぽんいちは「すごかったよ」と帰ってきました。
「何が?」と私。
「親子で来ていた人たちがけっこういたんだけど、
みんなおしゃべりしてないんだよ」
「・・・・・」

みんな本気モードなのだということを
言いたかったのでしょうね。

家でののんびりムードしか知らないぽんすけ一家ですが、
説明会の日はぽんいちがひとりハイテンションに。
この日まで「ナーンにも考えてなかったな」と
思わせる発言が相次ぎ、
ぽんすけ、ぽんたろうともなにか力がガクッと抜けたのでした。
posted by pontaro at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

周辺のうわさ

ぽんすけの同級生のお母さんいわく
「来年の●●校受験の倍率30倍くらいになるみたい」
「だってうちのクラスでも半分くらいの子が受けるってよ」
何も知らないぽんたろう、あぜん・・
「そうなんだ。まあ落ちてもともとって感じだからね」
でも受けるからには受かりたいのが人情。
県で初めての公立校中高一貫校だから、
どんな情報も多い方がいいのかなと思う。
その人が言うには、
受験校の周辺の小学校では、ほとんどの子どもが受けるそう。
でもその中で塾に行くなどちゃんと対策してる子は
1割程度なのだという。
おいおい、どこからそんな具体的な数字が出てくるんだい・・
と不審に思いながらも
「え〜っそうなの?」などと驚いてみせる
ぽんたろうでした。
家でぽんすけにそう話すと、
「じゃあ、あたし受かるじゃん!やった!」
ですと。
そのお気楽さはどこから来るのか・・
posted by pontaro at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

早くもずる休み?

ぽんすけは授業参観後の
ゴールデンウィークの前々日から
体調不良を訴えていました。
どうせいつもの怠け病だろうと思っていたら、
微熱と下痢が発症し、どうやら胃腸炎になってしまったよう。
しかたなく学校を二日も休み、
すでに塾も休みました。

家での様子は朝も早く目覚め、ゲームがしたくてうずうず。
ゲームはだめといってあるので、
手当たり次第本を読みまくる。
「どこが病人じゃい」っとぽんたろうは激怒。
すると「胃が痛い」とか言って布団に一時非難する。
休みの間これの繰り返しです。

スタートしたばかりでこの調子では
本当に先が思いやられます。
イライラする中で、ふと
もしかして精神的なものなのではと思い返し、
「塾が嫌ならやめたっていいんだよ」と話しました。
「え、やめないよ」
あまりにあっけらかんとした答え。
やっぱ本当に風邪か。

翌日、塾から請求書が届きました。
そこには入学金を含め4月分として「8万円」の文字がexclamation×2
覚悟していたとはいえ、これはイタい。
たらーっ(汗)
posted by pontaro at 09:03| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

家庭訪問で知る学校生活

6年初の授業参観がありました。
一番前の席で固まっているぽんすけ。
いつも通り、先生がどんなに呼びかけても
答えに自信があっても絶対手は挙げません。
「だあって、はずかしいんだもん」というわけです。
ぽんたろうとしては、その気持ちはよくわかるので、
手を挙げなくてもまじめに授業を受けていればいいよと
言っています。

そんなぽんすけですが、
ある時間にたったひとり手を挙げたことがあるのだと、
家庭訪問で先生が教えてくれました。

クラスの暴れん坊A君が何かしでかし、
クラス全員にブーイングを受けたのだそうです。
「ごめんなさい」とA君はあやまったものの
日頃迷惑をかけられているクラスメイトたちは
ここぞとばかり結束し
「そんな言い方じゃだめ」と大非難。
その時、なんとぽんすけがすっと手を挙げ、
「A君は十分反省しているのだから、
みんな責めるのはもうやめよう」
とクラス全員をなだめ、静かにさせたのだそうです。
「ぽんすけさん、すごい勇気でしたよ」と先生。

でかした!
勉強ができるできないより、母はうれしい!
客観的に物事を判断できるぽんすけの性格が
みんなに認めてもらえたかな・・
私の育て方が良かったのね・・と
母ぽんたろうは勝手に舞い上がりました。

続いて先生は
「学校では読書を奨めていますが、
ぽんすけさんは本は大好きですから
特に言うまでもありません」と。
ほほほ「小さい頃から読み聞かせをしていましたから・・」
と珍しく自慢げなぽんたろうです。

すると先生、
「今日も社会の時間に違う本を読んでいました」
と・・・・・・

やっぱ、ぽんすけはぽんすけか・・。
というわけで、担任の先生に
受験する意向を話せないまま
家庭訪問は終わったのでした。
posted by pontaro at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

決意は本物?

4月になって3回ほど塾通いしたぽんすけ。
学校でも、最高学年として1年生のお世話や委員会活動などをして
気分も多少高揚してるようです。
ただ、家での態度は相変わらず。
ランドセルは玄関でおろしてそのままころがしておく、
気がつかないうちに靴下をぬいてしまう、
本を読んで止まらない、
注意をすると、次はゲームをさわりだす。
勉強のべの字もなく、仕方なく学校の宿題をほんの10分で片付ける。
あれほど言ったのに・・・

「勉強するのは嫌じゃないよ」というぽんすけ。
「受験もしてみたい」。
ほんとに受験がどういうものかわかってんのかしら・・と母。

塾の授業はとっても楽しかったというから、それは安心しました。
そういえば、今までも学校の先生が熱く語った授業は、
家に帰ってきてからも楽しそうに話してくれたっけ。
学校の先生の指導力に問題があると言う訳ではないけれど、
生活すべての面で指導していかなくてはいけない学校と
勉強だけの指導を徹底させる塾とでは、
自ずと違ってくるものかなあと、今更ながらに考えてしまいます。
あとは家での指導ですね。ホホ
やっぱ問題はそこかな・・
posted by pontaro at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発覚した事実とは

ほったらかしにしていた親も悪いのですが、
とりあえず学校のテストと通知表を見ていて
7割強できてる感じなので、ま、いっか〜と。
ところが、塾へ行ってびっくり!
5年生の算数ができない!!
少数の計算は点のうつところが違っているし、
円の面積など方程式は覚えていない、
割合などほとんど計算せずに答えだけ書いている・・
というわけで、点数は100点満点中42点。
「これでお受験とは、ううーむ。周りに言えないよ」。
と母は胸の内で思う。
「本塾のテスト問題は難しく設定しているので、
学校だけの勉強では点数を取るのは無理かと思います」
と塾の先生は言ってくれたけど、あまりのことに力が抜ける。

「ねえ、受験しなくてもいいんだよ?いろんな道があるんだから、
自分に合った道に進むのが一番いいんだから。
塾やめるなら早く言ってね(塾の費用も馬鹿にならないし)」
と早くもリタイヤ気分の母ぽんたろうであります。
posted by pontaro at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

親も勉強です

正式に塾に通う前に、学習能力を測るテストをしました。
塾帰りに遊んでから家に帰ると、塾からテストの結果について電話が。
「テストの問題と回答を持ち帰っているので見直しをしておいて下さい」とのこと。
塾と親が一体になって取り組まなければ
子どもの成長は望めないということか・・・
勉強になります。
日々の生活に流されがちなぽんたろうですが、
今年一年はぽんすけとともに受験する気持ちで頑張らなければ、
と自分に言い聞かせる。
忘れないようにブログもつくる。
(この時点でお受験一筋でないことがバレてしまけど)

今まで学校でのテストはほとんど間違いがないので
さっと見る程度で過ごしてきたため、
初めてテスト結果の確認をしたのですが、ここで
驚きの事実が発覚しました。
posted by pontaro at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

塾通い始まる

春休みは5年生の見直しをと思っていたものの
特に何もしないままに過ぎてしまい、
4月、ぽんすけ6年生に!

小さい頃ぜんそくがひどくて何度も入院をした
ぽんすけが・・・と少し感激しつつも月日の流れの早さを実感。
このままでは親子共々のんびりしたままなので、
知人の奨めもあって隣の市の某進学塾に入ることを決めました。

初めて塾で親子面接を受けた時のこと。
「中学受験をするつもりなら遅くても4年生から塾で学習すべき」とか
「6年生からではうちのクラスの学習についていくのは難しい」とか
思わずやる気が失せるような発言の数々に
さすがのぽんすけも「あたし、入れないの?」と不安な顔。
「さすが有名塾は違いますこと!」と
母も少しむかつきながらも思いました。
でもすかさず、担当者に向かってに〜っこり。(さぞ不気味な顔だったでしょう)
「この子ったら、ドラゴン桜を読んで
ぜひこちらで勉強したいと燃えているものですから、
よろしくお願いします」と言いました。
すると担当者、たじたじとした風情を見せ、
「ドラゴン桜は私どももバイブルとして読んでおります」と。

それはそうでしょうとも、
進学塾は生徒を希望校に進学させることが最優先目的のはず。
どんな生徒であれ、最善を尽くしてもらわねばね。パンチ
というわけで、ぽんすけの塾通いが始まりました。
posted by pontaro at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

”天才”ぽんすけはどんな性格?

ぽんすけの良いところは、他の人を客観的に見ることができて、
荒くれの男の子でも、嫉妬深い女の子に対してでも、
決して感情的になることなく、その子の良いところを見ることができること。
これはなかなか努力してもできることではないと思うので、
やはり持って生まれた物なのだろう。
自分の世界があるので、人と競争するとか、外からの強制に従うことは
ないのかもしれません。

でも、中学を受験するからには、
自分の世界を大切にーなーんて言ってる場合じゃなくなりました。
やっぱやることやらなきゃです。
親も生まれ変わらないといけません。
ぽんすけの親はやっぱりぽんたろうだからです。

というわけで、受験生としては遅まきながら
6年生になってから本腰を入れることにしました。
posted by pontaro at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

担任の評価にびっくり

「頑張ればできる」のか
「頑張ってもできない」のか。
担任の先生は母の問いに
「宿題はやってこないんです」
と能力の問題以前のサイテーな性格を教えてくれたのです。
そして
「真剣に取り組んだ時は、たった5分学習しただけで次のテストで満点をとっています。
頑張ってもできないなんてとんでもない、どちらかというと天才的なひらめきがあって
授業中など私も驚かされることが多いんですよ」。
母の頭には
「天才」という言葉が刷り込まれ、舞い上がってしまいそうに。
でも、待てよ、
結局、普段の学校の勉強はやる気がまったくないということではーと思い当たる。
posted by pontaro at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

母はどうよ?

あまりにひどい点をとってくるので、
5年生の個人懇談で先生に相談しました。
「漢字ドリルの宿題をやっているようなのですが
それでぜんぜんできないというのは、
能力的に努力しても無理なのでしょうか?」
親としては、子どもに才能があると思いたい。
そして才能を伸ばすためなら
できうる限りのことをしてあげたいと思います。
でも能力を過剰に信じて
子どもに負担をかけたくない、とも思うのです。
何しろかわいい我が子ですから、期待もするし、
現状も知っているし、客観的に判断できにくい面があります。
どうする?母?
posted by pontaro at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5年生までのぽんすけ

これまでのんびりと自由に育って来たぽんすけ。
ゲームとマンガ好きの母の影響で、
制限されることなくインドア派をばく進してきました。

家での勉強は宿題のみ。
しかしこれさえやって行かないことがあるというふまじめぶり。
乳児のころに始めた「●じろう」を特にやめなかったので、
ずるずると小学生になっても「●レンジ」が来るので、
とりあえず通信教育も続いています。
でも読み物を読むだけ。
まあそれだけでもいいかなと大目に見ていました。
大人の本まで何でも読んでしまうので
国語力も身に付き、漢字はよほどできるであろうと思っていたのです。
ところが漢字がさっぱり書けないことが判明。
どうする?ぽんすけ?
posted by pontaro at 18:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぽんすけが中学受験を決めたワケ

田舎に暮らすぽんすけ一家は、特に教育熱心というわけではありません。
子どもは個性を大切に、のんびり健康に育てばいいねという感じで
過ごしてきました。
学校の勉強以外は強制したこともなく、
おけいこごともしたいならばやってみて、
やめたければそれも良し。
意識の高いご家庭からは少々まゆをひそめられることもありそう・・
かな?

そんな家の割と近所、バス1本でドアtoドアの所に
中高一貫校ができることになりました。
しかもぽんすけが一期生の年代です。
公立中学は家から5キロも離れた場所にあり、
交通手段は徒歩か自転車のみ。
自転車がうまく乗れないぽんすけは、
田んぼに落ちるのではという恐怖で、
バスで行ける中学を目指す決意をしたのでした。
posted by pontaro at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。